薄毛や抜け毛の悩みについてネットで調べたことがあるなら一度は目にしたであろう「プロペシア」という言葉。これは薄毛・抜け毛治療のための薬ですがドラックストアなど市販では購入できないお薬です。ではどうすればいいのか?

健康なはずでは?!若ハゲの原因

若ハゲというと健康上のリスクは無い為病気ではないと思う人が多いですが、最近ではAGAと呼ばれて病気として医療機関にて治療を受けることが出来ます。
特に人気がある治療方法の一つとしてプロペシアが挙げられます。プロペシアはフィナステリドという有効成分名も呼ばれ、世界でおよそ60回以上もの国がAGAの治療のために用いられています。医師が処方し、1日に1回の服用をする内服薬で0.2mgタイプと1.0mgの二種類があります。
プロペシアはAGAの原因となる男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できるため、薄毛の原因を根本からブロックしてAGAの症状が進行するのを抑制する事が可能です。健康保険を適用することが出来ないため、プロペシアを服用するのにはある程度のお金が必要になりますが、一定期間服用する事で症状の改善や抑制効果が得られるため、金銭的なデメリットよりも得られるメリットのほうが多いといえるでしょう。
AGA専門の医療機関を受診すれば手軽に処方してもらうことが出来るため、薄毛が気になったらまずは自分が若くて健康でも病気だという自覚を持つと良いでしょう。
そして出来るだけ早い段階で治療を始めると、症状の改善効果を見込めるでしょう。ただし、プロペシアは女性には使用することが出来ない薬であるため、男性だけが使える薬だと理解しておきましょう。女性の場合は服用するのはもちろん、触るだけでも厳禁だといわれています。そのためプロペシアを服用する人は家族が触らないところにきちんと保管することが重要です。若ハゲは病気の一つだという意識を持ち、適切な治療をすれば状態を改善することが出来るという意識を持つことが大切です。