薄毛や抜け毛の悩みについてネットで調べたことがあるなら一度は目にしたであろう「プロペシア」という言葉。これは薄毛・抜け毛治療のための薬ですがドラックストアなど市販では購入できないお薬です。ではどうすればいいのか?

抜け毛を防ぐ生活習慣とは

病院でAGA治療のためプロペシアを処方され服用している方も多くいるのではないでしょうか。
このプロペシアはAGAの進行を止めるには有効な薬ですが発毛効果までは期待できません。
そのため、プロペシアなどの薬だけに頼るのではなく生活習慣を見直し抜け毛を防いだり発毛効果が得られるような生活習慣を送ることが大切です。
抜け毛を防いだり発毛効果が期待できるような生活習慣を送るためのポイントとしては、運動と栄養、睡眠が挙げられます。
抜け毛予防や発毛効果を得るためには運動はとても重要です。
運動することにより様々な筋肉を動かすことにより血流が促進されます。
血流が促進されることで栄養や酸素が体の隅々まで届くようになり、頭皮にもしっかりと届けられます。
しっかりとした髪の毛を作ったり、髪の毛を成長させるには栄養は欠かせません。
髪の毛に重要な栄養成分としタンパク質や亜鉛などがありますが、これらの栄養だけを摂取しても効果が期待できない場合があります。
その理由として栄養バランスが悪いからです。
栄養を摂取するにはバランスが大切です。
多くの栄養をバランスよく摂取することにより吸収率が高まり相乗効果も期待できます。
限定された栄養だけを摂取しても、吸収率が低下したり体の中で上手くその栄養が活かすことができず効果が出ない場合もあります。
睡眠もとても重要です。
不規則な生活をしているとこの睡眠が十分にとれず抜け毛の原因ともなります。
睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンにはタンパク質を合成する働きがあるホルモンです。
髪はケラチンというタンパク質で作られているためこの成長ホルモンは欠かせません。
薄毛改善にはこの睡眠もとても重要です。
このように普段の生活習慣を改善するだけで様々な効果が期待でき抜け毛を防ぐ効果が期待できます。